• スリランカ その3(経済開発)
    元々はポルトガル→オランダ→イギリスの植民地であり、街を見ても特にイギリス時代の面影が沢山あり情緒がある。   Galle Face Hotel 英国調の建物で海岸沿いにあり、サンセットタイムは雰囲気がとても良い。 以前、天皇陛下も宿泊されたとか。   ある人曰く、「スリランカはその時代毎の強国からの支援を受けて経済発展する方法に頼ってしまいなかなか自立できない」との事。 独立後も特に1980年代... 続きを読む
  • スリランカ その2(雑感)
    まずスリランカでは1983~2009年の間、26年と長い期間内戦状態が続いたが、その根本的な原因はシンハラとタミルの民族対立である。ツールも宗教も異なるが、マジョリティであるシンハラ人中心に国が運営されてきた。 現在では、内戦は落ち着いてはいるものの、2019年4月に同時多発テロが起こり、コロンボ市内ではセキュリティが強化されている。空港や市内には銃を持っている軍人が相当数おり、一定以上の高級ホテルやレストラ... 続きを読む
  • スリランカ その1(概要)
    スリランカに初めて行く機会があったのでメモ。   歴史 昔からいるのがシンハラ人(主に小乗仏教で現在は国民の約7割を占める)紀元前2世紀以降、インド大陸からタミル人(主にヒンズー教)が入ってくる1948年イギリスから独立してセイロンを建国(ポルトガル→オランダ→イギリスの植民地を経て独立)1949年マジョリティであるシンハラ・オンリーの政策が強化され、タミル人の選挙権がはく奪される1972年スリランカ民... 続きを読む

Profile

北村 淳

Author:北村 淳
本サイトはタイを中心としたアセアンにおける環境問題やその対策、関連マーケットに関して情報をご提供しており、ECMS LTD.が運営しています。

公式サイトをリニューアルしました。新しいサイトはこちら

https://www.ecms.co.th




【セミナー開催情報】

[無料] (タイ人向け) 従業員の送迎費用を最大40%削減オンラインセミナー

[無料] (日本人向け) 従業員の送迎費用を最大40%削減オンラインセミナー

[無料] エアコンの電気料金を20-30%削減オンラインセミナー

■■■[無料]メールマガジン登録はこちら■■■

検索フォーム

Latest comments